大工の刻み加工

木造建築物には必要な、柱や桁・梁などの構造材の加工。

昨今の主流はプレカット加工ですが…

〝自然素材と無垢の木で本物の家づくり〟
静岡県富士宮市のラップランドハウス静岡 明王建設のスタッフ・横関です。

構造材には仕口や継手の加工が必要です。

仕口とは、柱と桁のように、ある部材を
直角やある角度で接合することです。

継手とは、桁と桁のように、ある部材を
長さ方向に接合すること。

この仕口や継手の加工は、
昨今ではほとんどが工場の機械によるプレカット加工が主流です。

プレカット加工は、コンピューターへの入力さえ行えば、
加工は一日で終わります。

100本以上もの部材への加工がたった一日ですよ。
しかも、大工の手刻みよりも加工賃は安くなります。

プレカット加工が主流となった理由にも納得ですね。

しかし、プレカット加工が主流になってからある問題が。

それは、刻み加工のできない大工さんが増えたということです。

確かに、刻み加工ができなくても大工さんにはなれます。
プレカット加工された部材を組み立てればいいんですから。

前にベテランの大工さんが話していたっけな~
「今はダイクはいらねー、ダイゴかダイロクで十分だ」って。

私たちは、忙しい時にはプレカット加工にも頼りますが、
極力大工による刻み加工をするようにしています。

大工さんの技術が廃れないようにする目的もありますが、
一番重要な構造材である木と、
正面から向かい合いたいという思いもあります。

























Posted by