施工事例

若の宮町の「どんとパネル工法の家」・S様邸

何度も打ち合わせを重ねること、約2年。

ようやく、S様が理想とする住まいが完成しました。

白色のそとん壁(塗り壁)と茶色のレッドシダー板張りが目を引きます。

外観・内観写真

S様邸の住まいは「どんとパネル工法の家」。

無垢材なのに構造用合板よりも強い理由。
それは斜めに張られた杉材だからです。

長期優良住宅であり、27年度グリーン化事業に採択され補助金も受けています。




リビング南面には、高窓と全開口となるサッシを計画しました。

ウッドデッキともつながる気持ちの良い空間となりました。


リビングに設置した床暖房とエアコンによって、ほのかに温められた空気は、吹抜けによってさらに2階にも届きます。

気配を感じられるように、また少しでも明るさを確保できるようにと、2階子供部屋には室内窓を造作。




玄関ホールには、ガラス工芸作家の手によるオリジナルライトを。

モザイクタイルを使った壁のニッチも、やさしい印象を与えてくれます。




純和風な和室はちょっと…という施主様の希望で、和モダンな造りに。

壁・天井ともに調湿性・消臭性に優れている薩摩中霧島壁を使っています。






キッチン横には、奥様専用の収納スペース。


磁石がくっつく黒板は、写真飾ったり、保育園からのお知らせを張っておいたり、使い道はたくさん。


資料請求.png
お問い合わせ.png