自然素材へのこだわり

自然素材はやっぱりいい!!
こだわりの自然素材をご紹介します。

何よりも安全を第一に考えています。

今までの防蟻防腐剤は、農薬などと同じ殺虫成分が揮発して、シロアリや腐朽菌を攻撃するのが一般的でした。
殺虫成分が揮発して飛んでいってしまうので、効果は最大5年と短期間で無くなります。
また、殺虫成分が居住空間に入り込むことは、シックハウスに繋がります。

当社で使用しているのは、揮発しない無機物「ホウ酸塩」を採用した新しい木材保存剤です。
素早く木材に浸透して、害虫や菌による劣化から木材を守り、揮発しないので効果が持続します。
5年ごとの再処理は不要で経済的ともいえます。
木材腐朽菌にも強力な効果があり、カビ菌の繁殖も抑制します。

当社がこの木材保存剤を使用している一番の理由は、〝人体にまったく害がない〟という点。 揮発性もない「ホウ酸塩」は空気を一切汚すことがないので、健全な空気環境が求められえる高気密住宅でも、妊婦さん・乳幼児・ペットの居るご家庭でも安心してご利用いただけます。

自然素材①.jpg

合板フローリング派? 無垢の床板派?

今の時代、合板フローリングとビニールクロスはあたりまえの時代となっています。
ハウスメーカーでは標準仕様のほとんどが合板フローリングとビニールクロスでしょう。
しかし、合板フローリングはスライスした木材を接着剤で張り合わせたもの、ビニールクロスは石油から作った塩ビの壁紙です。

私たちは、自然素材にこだわります。
床には無垢の木でできた床材を使います。

確かに、合板フローリングと比べれば、床材そのものの価格は高いです。しかし、5年10年で色あせたり剥がれたりする合板フローリングより、無垢の床材には耐久性があるのでかえって経済的ともいえます。
また、傷つきやすい床には無垢の床材を使用した方が修繕が簡単です。
生きている床材ですので、物を落としたりして付いてしまったくぼみなどは、お湯を適量かけておけば、ある程度は膨らんでもどってきます。
木材の蓄熱作用によって、合板フローリングのような冷たさもありません。

床材があめ色に変わっていく経年変化も楽しみのひとつ。
何より、合板フローリングにはない〝温もり〟が無垢の床材の魅力であると思います。

素材は自然、そのまんま

当社で採用している左官材(塗壁材)の主原料は、南九州・中霧島地区で採取される火山灰(シラス)。
主原料・副原料ともに、自然素材に徹底的にこだわりぬいた左官材です。
そのため、ホルムアルデヒド、トルエンなどの化学物質を一切出しません。

自宅ログハウスの湿気で悩んでいた時に、この左官材に出会いました。
「調湿・消臭」の謳い文句に惹かれて、試しにと地下室の壁にこの左官材を塗ってみると、見事に室内の湿気がなくなりました。
それからは、お客様にはこの左官材をすすめています。

消臭機能にも優れたこの左官材は、タバコやペットのアンモニア臭なら、ほぼ30分で完全に消臭します。
調湿機能にも優れており、部屋の湿度がほぼ50%を超えたら吸湿、下回ったら放湿。
部屋の中はいつも快適です。
カビ・結露も抑え、その上、マイナスイオンも出すというこの左官材。
OB様からの評価も非常に高いです。

あえてその欠点を探すと、自然素材のため、採取地層によって若干色めに違いがでるということ。
でも、自然素材100%ならではの〝〟とお考えください。

自然素材②.jpg

まずはご相談ください

家を新築しようと思っている方、特に子育て世代の方やアトピーなどでお悩みの方であれば、シックハウスの心配のない自然素材を取り入れた家を建てたいとお考えのことだと思います。
でも、「自然素材は高い」「メンテナンスが大変」などと諦めていませんか?

確かに、合板フローリングよりも無垢の床板、ビニールクロスよりも自然素材100%の塗り壁の方が価格は高いです。
しかし、いくら自然素材が高いといっても、内装だけを変更しただけで手が出なくなることはありません。

また、住宅展示場や営業マン・CMなどに経費を掛けているハウスメーカーとは違い、地域に密着した私たちのような工務店にしか出せない価格があります。
自然素材を使った本物の家〟を諦めないでください。
必ず「この仕様でこの価格?」と驚かれることだと思います。

まずは、私たちにご相談ください。
無料で差し上げられる資料もありますし、建築中の現場やOB様宅などもご案内することが可能です。


資料請求.png
お問い合わせ.png