代表の渡邊です

無垢の木、自然素材へのこだわりは
自宅ログハウスを建てたことから始まりました。

あこがれのログハウスとの出会い

はじめまして、ラップランドハウス静岡 明王建設 代表の渡邊秀文です。
私たちは「自然素材と無垢の木で〝本物の家づくり〟」をモットーに、静岡県富士宮市で日々奮闘する会社です。
私がなぜ、自然素材と無垢の木にこだわった家づくりをするのか。そのきっかけは自宅ログハウスの建築にあります。

会社の設立当初は、住宅建築よりも鶏舎の建設や基礎工事・舗装工事など土木関係の仕事の方が多かったです。
知人や親戚に頼まれて住宅を手掛けることもありましたが、自然素材とはほど遠い建材を使った住宅がほとんどでした。

転機となったのは自宅ログハウスの建築です。
もともと、山登りやキャンプ・釣りなどのアウトドアが好きで、山小屋のようなログハウスには興味がありました。

当時はまだログハウスのメーカーが少なく、大阪でログハウスを扱っている会社があると聞きつけ見に行き、そのどっしりとした佇まいのログハウスに一目惚れ。

地元で土地を探し出してログハウスを発注。
大工仲間も呼んでいよいよログハウスの建築です。

代表 渡邊秀文

    代表 渡邊秀文

悪戦苦闘のログハウス建築

さてログハウスを建築しようという段階まできて困った事が。

私もそうですが、仲間の大工さんや下職さん達もログハウスの建築は初めて。
「セトリングって何?」「電気の配線はどうすれば?」というような状態。

大阪やフィンランドの会社からも見学に来ていたので教えてもらいながらでしたが、やはり在来工法のようには行かず苦労しました。

2階の小屋組みにダボ(ログ材同士を固定する棒)を入れずに大量に余ったり、セトリング対策を行わず屋根の垂木を固定してしまったり。
今では考えられないような施工ですが、どうにか記念すべき一棟目のログハウスが完成したのです。

president-3_2.png

    本当に苦労して、
なんとか完成

木の家のすごさを実感しました

ログハウスに住んでみてまず驚いたことは、その木の香りと温もり、その調湿性能にも驚きました。

床や屋根にも合板を使わず、ログ材は棟まで積み上げるフルログ仕様。
シックハウスの原因となる物質は使用しておらず、薪ストーブを使えば木の蓄熱作用により、ログ材や床板までもいつまでも温かいまま。

本や雑誌などで読んで知ってはいましたが、木の家のすごさを実感できたのは初めてです。

この実感があるからこそ、無垢の木や自然素材に興味が湧くのは当然の事でしょうか。
今までのフローリングや壁紙で仕上げた住宅ではなく、無垢の木や自然素材で住んで気持ちの良い家造りを心掛けるようになりました。

本物の家に住んでいただくために

ログハウスの良い点を在来工法でも応用できないかと考えたのが“健康住宅”です。
フローリングや壁紙は極力使わずに、無垢の木と自然素材にこだわった在来工法の家です。

私は、自宅ログハウス建築の期に、木の家の素晴らしさを知り、少しでも多くの方に本物の家に住んでいただきたいと願うようになりました。

自宅ログハウスを建築してからはや20年。
これまで何棟ものログハウス・健康住宅を造り続けてきましたが、新築してから体調が悪くなったりアレルギーで苦しんでいるなどと言われたことは一度もありません。

本物は安心で快適、いつまでも変わらない価値がある〟 私はこう考え家を造っていますし、これからも造っていきたいです。

私にできることなら何でもご相談ください。


資料請求.png
お問い合わせ.png